駒井先生

第2回 損益計算書の見方

財務諸表を実践的に読みこなせるようになる!

  • 講座お申込み
  • 受講する

駒井伸俊先生 講座情報配信登録

    この質問は必須です

ダイジェスト動画

ビジネスを数字で表す財務諸表を実践的に
読みこなせるようになる!
それぞれの立場から将来の戦略を考える土台としての
会計スキルアップ!

単なる申告のために使うだけでなく、会計の基礎の「き」として主要となる3つの財務諸表(Financial Statements, F/S):貸借対照表(Balance Sheet, B/S)・損益計算書(Profit and Loss Statement, P/L)・キャッシュフロー計算書(Statement of Cash Flows, C/F)、それぞれのフォーマットの意味、見方を学び、現状把握することから将来へ活かすことができます。

会計の専門用語としてではなく、毎回人間の身体に例えながら財務諸表についてお話ししてくださる駒井伸俊先生(株式会社イーバリュージャパン 代表取締役)です。

ビジネスコンサルタント・税理士・中小企業診断士として、経営・財務戦略コンサルティングや財務・税務会計サービスをご専門とされていますので、「いまさらだけど聞きたい!」財務諸表の本質的なところを事例も含めながら、分かりやすく丁寧に解説してくださる全3回シリーズです。

営業利益を出す5つの方法を武道の型のように頭に入れる!
自社であればどうするか考える土台を見直せる!

・損益計算書はどんな表で、どんなところを見ていくのか
・会社の1年間の経営成績
・1年間でどれだけカロリーを摂取して、消費して、結果としてどれだけ太ったのか
・利益でつながっている財務諸表とは?
・収益、費用、利益の関係性
・収益を増やす活動?費用を削減する活動?
・マイナスとして記載されない費用項目
・どれが費用の項目?どれが収益の項目?判断する方法
・営業外収益、営業外費用とは?
・利益が多段階に表示される理由
・見る人によって、重要視する数値が違うわけ
・当期純利益を気にする人とは?
・経常利益が気になる人とは?
・ユニクロの店舗店長が気にするところはどこ?
・営業利益をプラスにする5つの方法
・原価を削減する究極2つの方法
・価格競争に巻き込まれずに売上高を上げるにはどうする?
・東日本大震災直後〜1年間の東京電力の損益計算書
・普段では発生しない特別利益と特別損失
・金融機関が重視する項目とは?
・月次損益計算書から見える借入可能金は?
・経常利益をどのように配分するかの意思決定
・中小企業経営で人件費削減の選択種はどこまで有効なのか
・緩やかな人件費上昇と利益を獲得する仕組み

トップページへ

  • 講座お申込み
  • 受講する

講師紹介

駒井先生

駒井 伸俊(こまい のぶとし) 先生

株式会社 イーバリュージャパン
代表取締役

1967年生まれ 埼玉県さいたま市出身 東京都渋谷区在住
青山学院大学国際経済学部卒業後、安田信託銀行入社
その後、ビジネスコンサルタントとして独立、現職
【学歴】
1990年 青山学院大学国際経済学部卒業
2000年 産能大学大学院経営情報学研究科修了 MBA
2002年 中央大学大学院法学研究科民事法専攻博士課程前期修了 LL.M.
【活動内容】
●ビジネスコンサルタント
●税理士
●中小企業診断士
●ITコーディネーター、起業等支援コンサルタント
●講演、研修講師活動
民間企業:大手上場企業から中堅、中小企業まで
公的機関・学校法人等:中小企業大学校、雇用・能力開発機構、商工会議所、産業能率大学総合研究所等

講座概要

受講期間 期限なし(公開終了する場合は事前にご連絡いたします)
受講料 1500円(税込)
教材構成 動画教材:収録時間 25分
  • 講座お申込み
  • 受講する

トップページへ

ご不明な点がありましたらお気軽にご相談下さい TEL:03-3635-3508

メルマガ登録はコチラ