社会医療法人 原土井病院
副理事長

人の老い、死をたくさん見てきました。その中での意見を言っていきたいと思います。

平成6年3月 東京医科歯科大学医学部卒業
平成6年4月 医師国家免許取得
平成6年4月 九州大学医学部付属病院勤務(精神神経科)
平成7年4月 大牟田労災病院勤務
平成8年4月 福岡県立遠賀病院勤務
平成9年4月 九州大学大学院医療システム学教室入学
平成13年3月 九州大学大学院医療システム学教室単位取得退学
平成13年4月 日本医師会総合政策研究機構主任研究員
平成14年4月 原土井病院勤務
平成16年4月 九州大学大学院医療システム学教室 助手
福岡市医師会 理事
平成18年4月 原土井病院 副理事長
平成20年2月 ホームケアクリニック 院長
平成21年12月 医療法人ホームケア 理事長
平成22年9月 福岡県医師会 理事
学位:平成14年9月 医学博士号取得

原 祐一 先生の講座

単独講座

単独講座とは一つのパッケージとして販売される講座です。(お支払いは一回のみです)
単独講座のマークで表示されます。詳しくはこちらをご覧ください。

高齢者を親に持つ世代が抱えるリスクと課題とは!?50代は働き盛り。しかし同時に、その両親はともに80歳前後を迎え、病気や認知症のリスクが高まる年代です。必要になってから探しても遅い!?老人ホームへの備え!人は必ず死にます。その前に、認知症になる方も大勢います。お金はあの世に持っていくことはできません。日本の経済を活性化させるためにも、生きているうちに、認知症になる前にお金を自分のために使いましょう。

詳細を見る

医療と経済の関係から考える日本の経済事情!長寿がリスクに変わる!?超高齢化社会に潜む暗い影!非正規雇用や低賃金による生活への不安が足かせになっている若者と、社会保障への不信感や不透明感が募る高齢者の存在を無視することはできません。人は必ず死にます。その前に、認知症になる方も大勢います。お金はあの世に持っていくことはできません。日本の経済を活性化させるためにも、生きているうちに、認知症になる前にお金を自分のために使いましょう。

詳細を見る

ご不明な点がありましたらお気軽にご相談下さい TEL:03-3635-3508

メルマガ登録はコチラ