■現 職
株式会社 ルネッサンス・アイズ代表取締役社長
NPO法人日本政策フロンティア理事
一般社団法人日本プロトコール&マナーズ協会専務理事

■経 歴
1961年 東京品川区生まれ
1984年 富士通(株)入社
1987年 ルネッサンス・アイズ(株)設立
2000年 ミニ・スクール 「Coco-de-sica」校長就任
2004年 NPO法人日本政策フロンティア理事就任
2017年 創業30周年を迎える。

大学時代より安岡正篤、中村天風の哲学セミナーを受講、あわせて世界各地を旅して「人間学」に目覚める。 富士通を退社後、竹村健一氏、岸見一郎氏、本田健氏など文化人、財界人の講演会を企画開催し、現在では850名に及ぶ講師陣ネットワークを築く。 26歳で起業し、一貫して「人間学の探求」をライフワークにした、「学びをプログラムさせる」専門家。 シアトル ワシントン大学(UW)でワールドクラスのリーダーシップ論を学び、一流の人物たちから薫陶を受けた英知をもとに「人づくり」に専心している。 聞く人それぞれの価値観を大切にしながら、人間力(成長、幸福、出逢い、繁栄) の要諦をわかりやすく解説。 企業や官公庁にはリーダーシップ、モチベーション、コミュニケーションなど「人と組織の成長」にフォーカスして、年間100講演、ここ10年で1.000回を目標にしている。 週刊「東洋経済」“本誌が選んだ50選”講演者リストに選ばれる。 現在、次世代リーダー育成プラットフォーム「Nexting」を全国展開中。

■主な講演テーマ例
「次世代リーダー育成と人間力」「人財育成と自律型リーダーシップ」「心のスイッチの入れ方」「出逢い力を磨く~善循環マネジメントのコツ~」「人と組織の成長」など

■主な著書
「出逢い力ーあなたに逢えてよかったと言われる人生」(明日香出版社)
『トップリーダーが実践している 奇跡の人間育成』(きずな出版)
新著 『50代から実る人・枯れる人』(海竜社)

・株式会社ルネッサンス・アイズ
URL:http://www.renaissance-eyes.com/

松尾 一也 先生の講座

単独講座

単独講座とは一つのパッケージとして販売される講座です。(お支払いは一回のみです)
単独講座のマークで表示されます。詳しくはこちらをご覧ください。

ゆったりとした気持ちで人間学を学び考え、一息ついていただく居酒屋ウィズダムスクール。30年一貫して『運と縁』を探求する人間学がライフワークの松尾一也先生とウィズダムスクール校長の榎本恵一が、毎回美味しいお酒とおつまみを片手に自由に本音を語り合う対談です。詐欺師の3つの得意技を解説。高校2年生まで人前で話せなかった!?愛読書「ドラえもん秘密のポケット」とは。
詳細を見る
書籍『トップリーダーが実践している奇跡の人間育成』の内容を掘り下げてご紹介する第2弾!その人なりの癒しのスタイル、心身が溶ける場が見つかる!最高の仕事に出逢う知恵や考え方次第の人生、最大の目に見えない仕事の報酬などについて語っていただきます。今回のお酒は、「日高見」芳醇辛口純米吟醸です。醸造元の株式会社平孝酒造さん(宮城県石巻市)は、今から156年前(今年と同じ干支、酉年)、幕末の時代1861年・文久元年創業。本音で語り合うお二人の姿、閃きながらの対話をご覧ください。
詳細を見る
今回は、秋を知らせる日本酒「ひやおろし」をお供に、このたび松尾先生が出版した書籍『トップリーダーが実践している奇跡の人間育成』の内容を掘り下げてご紹介していきます。業績を上げて利益を追求することが企業活動の主でありますが、そのためにも優秀な人材をどう育てるかが重要です。しかし、実際のところは業務の忙しさなどを理由に、人材育成を放置している企業が多くみられます。自分のライフデザインは、自分にしか創れません。反対に、自分の意思でいかようにも変えることができる可能性を持っています。目指すべきトップリーダーたちは、いかにして人生のステージをランクアップさせていったのか、こちらのセミナーでチェックしてください。
詳細を見る
今回のテーマは、「魂の世話」について。皆さんは魂という言葉に何を感じるでしょうか。ソクラテスの言葉「魂の世話」とは。哲学は愛知学、自分の本質について考える!「魂の世話」はギリシャのソクラテスの言葉として知られています、哲学は学問というよりも、生きる態度を表したものが多くあります。自分の本質を知り、生き方を整えるという意味で、「魂の世話」は非常に大切な役割を担っています。どのような意味が含まれた言葉なのか学びましょう!
詳細を見る
お酒を片手にご覧ください!
居酒屋ウィズダム、今回のテーマは「出逢い」について。
講師の松尾先生が、自身の人生に多大な影響を与えた人物を
スライドでご紹介します。
松尾先生はどのような出逢いのもと、今日に至るのか。
なかなか語られることのなかった出逢いのエピソードを紐解きます。
詳細を見る
今回は、奈良県の銘酒「吉野千本桜」をお供に、第4弾となる講座のテーマは、世界一幸福度が高い国と言われているブータンについて。
ブータンは決して先進国とは言い難く、日本と比べて物質的に恵まれているとも言えません。 それでも国民の97%もの人が「幸せだ」と答えるブータン。松尾先生が感じた生の体験談で、叡智をつかんでください。
詳細を見る
今回のテーマは「実る人、枯れていく人」第2弾!
もしかするとあなたは人生の分岐点に立っているかもしれません!
50代を過ぎて、これまでやってきたことが報われるのか、
それともマイナスの方向に進んでいくのか。
普段の生活が大きく影響します。
こんな人はある日消えていく!枯れる人の共通点とは!?
枯れる人は感情のコントロールをできない人が多いようです。
みなさんは自分の心をしっかりとコントロールできていますか。
詳細を見る
皆様から多くの反響をいただき、第2弾の開催です!
今回のテーマは「実る人、枯れていく人」
50代を迎える時、あなたはどちらのタイプでしょうか。
例えば、朝は機嫌が悪く、明るい挨拶ができない人は要注意です。
「あの頃は楽しかったなぁ」と寂しくなる人や、
お酒を飲んだ時はつい2軒、3軒行ってしまうという人も、
知らず知らずのうちに枯れはじめている危険性があります。
今夜はゆっくりと人間学について考えてみるのはいかがでしょうか。
詳細を見る

杯を傾けながら、楽に、そして真剣に人生を語る!
今回のウィズダムスクールは居酒屋バージョン。ライフワークである「人間学」を追求するなかで、見えてきたのは、「人は皆、幸せを求めている!」という行動原理。
社会とのつながりが希薄な時代。そんな時代だからこそ求められるのが、人間力です。ビジネスの場面でも人物を見る上で、非常に注目されています。ただ会社に属する一員ではなく、人材として力を発揮できなければ、変動も激しいこの時代、生き残ってはいけません。人間力をつけるにはどうしたら良いのか、講座を通して考えましょう。
(TBS 吉田類の酒場放浪記のウィズダムスクール版です)

詳細を見る

すべての人がそれぞれのリーダーシップを発揮する必要があります。ジブンゴトととらえて、メンバーの英知を見つけて集める力。そして人々の喜び、幸せをサポート、実現してあげる力。これが本当のリーダーシップです。威張って、エゴが強いリーダーは短命に終わります。リーダーの役割は日々、コミュニケーション、特に「聴く力」を大切に、人々のモチベーションをケアすることに尽きます。

詳細を見る

かの中村天風も“人間を創れ、魂を磨け、さすれば幸福は向こうからやってくる”と語っています。人間にとって最も大切な能力は、明るい思考、思いやる心、勇気のある行動、しなやかな発想などシンプルなものです。まずこれらの重要性に気づき、磨くことによって魅力的な人物になっていきます。

詳細を見る

ご不明な点がありましたらお気軽にご相談下さい TEL:03-3635-3508

メルマガ登録はコチラ