経済アナリスト
株式会社あえるば 取締役会長
特定非営利活動法人日本再生プログラム推進フォーラム 理事長
独立系シンクタンクとして「経済」「政治」「国際情勢」「組織のリーダーシップ」に関する独自の分析を行っているほか、小田原市および長野県南信濃遠山郷に拠点を構え、ロハス体験学校の主催、コンサルティング、社内教育、講演、執筆活動を行っている。
また、藤原直哉が執筆する「ワールドレポート」を毎週発行。その他、社会人学校「藤原学校」を東京で月2回開催し、全国各地で「藤原塾」も開催している。
さらにNHKラジオ第一放送の「ビジネス展望」、山口放送ラジオの「情報ダブルクリック」にレギュラー出演、NHK文化センター青山教室では「世界の中の日本経済」というタイトルで時局分析を行っている。
このほか以下の職責を兼務している。
・渋谷ソーホーバレーコモンズ(SVC)推進協議会会長
・有限責任事業組合藤原KAIZEN研究会顧問
・ワシントン大学経営大学院名誉卒業生
・ワシントン大学経営大学院キー・パートナー

株式会社あえるば
URL:http://www.fujiwaraoffice.co.jp/

藤原 直哉 先生の講座

定期講座

定期講座とは毎月講座内容が更新され、月額課金される講座です。
定期講座のマークで表示されます。詳しくはこちらをご覧ください。

新・経営哲学道場として新たなシリーズを公開!
とにかく哲学がしっかりしなければ、経営が上手くいかない時代。激動の時代に合った経営スタイルとは何なのか。何をすれば儲かるのかを考えても成功しない時代だからこそ、しっかりとした経営哲学を持つことが大切です。
商売が上手くいかない!一生懸命働いているのに儲からない!など、経営で悩む方が学ぶべき哲学を解説致します。

詳細を見る

新講座として著書「未来を拓く思考法」をもとに、詳しく物事の見方をご説明!
何を読んで、どれを勉強すれば世の中のことが分かるのか!?
ニュース一つ取っても、どれが正しいのか分からない。
政治から経済、会社経営まで、全ては全体を把握する力が必要となる。
本講座では、全体を把握するために必要なノウハウを伝授しています。
世の中を見るということは、未来を拓くということです。
あなたはじっと未来が「拓かれる」のを待ってはいませんか?

詳細を見る

色々と時代が変わっていく中で、その変化に対応して、世の中に役立ち続けるた めには、経営の中身・経営の品質を良くしなければならない。
経営品質と言う言葉がありますが、素晴らしい経営というのは、『経営の品質が 素晴らしい』と皆さんが言ってくれるようなものを目指そうということであり、360度どこから見ても『素晴らしい』と人が言ってくれる会社というのは長続き する会社である。
世の中の役に立ち続ける会社を作るためにはどうすれば良いのかについて、解説 します。

詳細を見る

変化の大きい複雑な現在の日本において、生き残るために経営者は何を為すべきか。その答えは歴史の中にある!
我が国日本の歴史において、過去に幾たびもの激動の時代がありました。そして我々日本人は常に進化し、生き残ってきたのです。歴史に学べば経営の解決の道は見える!
過去の賢人の智慧に学び、未来の経営者たれ!
これからの時代を生き抜く指針となる大人気講座。

詳細を見る

米国や中国の激しい変化に日本は着いていけるのか。混迷の時代をどう生きるべ きか。経営者としてどう会社を導いていくべきか。実際、日本の政治家 や官 僚、経済人の頭の中は20年前のまま。世界の潮流を見誤ってはいけない。この先 の未来が見えていればリスクを負って投資していける。大きな変 化は大きなリ ターンも産み出す。いまの時代を生き抜く道標となる大人気講座。

詳細を見る

テレビ、新聞、インターネット、Twitter、Facebook、・・・ 今の時代、ありとあらゆる手段を用いて情報が飛び交っている。 しかし、その全てが真実を伝えているわけではない。大量の情報が ありふれている故、時には誤った認識をしてしまうことがある。 本講座は、藤原直哉先生による経済と経営を見る上でどこに着眼点 を置くべきか、そのポイントを解説する。 本物の目を養い、真の経営者として一歩先のステージへ。

詳細を見る

経営者は哲学ある「経済人」でなければならない。「経済人」とは時代の最先端で人々に幸せをもたらす人である。 不況を嘆く経営者は真の「経済人」ではない。不況を好況に変える力を持つのが「経済人」であり、真の経営者の姿である。 哲学を身に付けるには教養が必要である。本講座は、藤原直哉先生による真の経営者のための哲学道場である。

詳細を見る

ご不明な点がありましたらお気軽にご相談下さい TEL:03-3635-3508

メルマガ登録はコチラ